大分県大分市の内科・消化器内科・呼吸器内科・リハビリテーション科医療法人信愛会 辛島内科・消化器内科

大分市の内科・消化器内科・呼吸器内科・リハビリテーション科
医療法人信愛会 辛島内科・消化器内科

〒870-0892 大分県大分市賀来新川二丁目1番15号
TEL 097-549-3333
▲Mobile Site 
トップページ»  介護保険事業

介護保険事業

居宅介護支援センターからしま

当法人では「居宅介護支援センターからしま」において介護保険についての各種相談を随時受け付けております。お気軽にお電話ください。

電話:097-549-3331(直通)
 

通所リハビリテーション

ご希望によっては短時間利用の方もいらっしゃいますのでご相談ください。

施設見学、体験利用も随時承っております。
お気軽にお問い合わせください。


電話:097-578-8331(直通)

送迎

8:30から順次送迎に向かいます。
リフトも付いており、車いすにも対応できます。

送迎

送迎

デイホール

到着後、バイタル測定し、各自、個別のプログラムを開始します。
デイケア専属の看護師もおり、体調に不安のある方も安心してご利用頂けます。

送迎

体操・筋肉トレーニング

10:00より全体で朝の会、体操を行います。
10:30より筋肉トレーニングを開始しています。
物理療法もあり、順番にご案内しています。
空いた時間は皆様、座位活動に取り組まれ、塗り絵や貼り絵、脳トレ等をされています。

体操・筋肉トレーニング

浴室

浴室は一般浴・機械浴があり、どちらも個別で入浴して頂けます。
当事業所では男性は男性スタッフが、女性は女性スタッフが介助させて頂きます。
皆様気兼ねなく入浴されています。午前中より順次ご案内して入浴して頂きます。

個別リハビリ

個別リハビリではリハビリスタッフによる施術を受けられます。
徒手による施術や廊下歩行・階段昇降等、
お一人お一人に合った内容で、リハビリさせて頂きます。
その他自宅でできる自主訓練等も指導しています。

個別リハビリ

レクリエーション

14:00~午後の体操を行った後、
レクリエーションを行います。
日頃はリハビリを兼ねたゲームや手作業を行い、
皆様に楽しんで頂けるよう、一年を通して様々な行事も行っています。

レクリエーション

おやつタイム

15:00よりおやつタイムとなります。美味しいおやつを食べて
少しゆっくりして頂きます。食後やおやつの際にコーヒーを提供したりしています。
おやつ後15:30より順次帰りの送迎をさせて頂きます。

おやつタイム

通所リハビリテーション運営規定

(事業の目的)

  • 医療法人 信愛会(以下、「事業者」という。)が設置する辛島内科・消化器内科(診療所)(以下「事業所」という。)において実施する指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕事業(以下「事業」という。)の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の円滑な運営管理を図るとともに、要介護状態(介護予防にあっては要支援状態)の利用者の意思及び人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕を提供することを目的とする。

 (運営の方針)
 第2条 指定通所リハビリテーションにおいては、要介護状態の利用者が可能な限りその居宅において、
      その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう生活機能の維持又は向上を目指
       し、理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを行うことにより、利用者の心身の機能
             の維持回復を図るものとする。
        指定介護予防通所リハビリテーションの提供においては、要支援状態の利用者が可能な限りその
             居宅において、自立した日常生活を営むことができるよう、理学療法、作業療法その他必要なリハ
             ビリテーションを行うことにより、利用者の心身機能の維持回復を図り、もって利用者の生活機能の
             維持又は向上を目指すものとする。
         2 事業所は、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ったサービス提供に努める
              ものとする
         3 事業所は、利用者の要介護状態の軽減若しくは悪化の防止又は要介護状態となることの予防に
              資するよう、その目標を設定し、計画的に行うものとする。
         4 事業所は、利用者の所在する市町村、居宅介護支援事業者、在宅介護支援センター、地域包括
             支援センター、居宅サービス事業者、保健医療サービス及び福祉サービスを提供する者との連携
             に努めるものとする。
         5 事業所は、利用者の人権の擁護、虐待の防止等のため、必要な体制の整備を行うとともに、従業
              者に対し、研修を実施する等の措置を講じるものとする。
         6 指定通所リハビリテーション〔指定予防通所リハビリテーション〕の提供にあたっては、介護保険法
              第118条の2第1項に規定する介護保険等関連情報その他必要な情報を活用し、適切かつ有効に
              行うよう努めるものとする。
         7 指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の提供の終了に際しては、
              利用者又はその家族に対して適切な指導を行うとともに、主治医や居宅介護支援事業所へ情報
              提供を行う。
          8 前7項のほか、「大分市指定居宅サービス事業者の指定並びに指定居宅サービス等の事業の
              人員、設備及び運営に関する基準を定める条例」、「大分市指定介護予防サービス事業者の指定
              並びに指定介護予防サービス等の事業の人員、設備及び運営並びに指定介護予防サービス等に
              係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例」に定める内容を遵守し、
              事業を実施するものとする。
(事業の運営)
    第3条 指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の提供にあたっては、事業所
               の従業者によってのみ行うものとし、第三者への委託は行わないものとする。
(事業所の名称等)
    第4条 事業を行う事業所の名称及び所在地は、次のとおりとする。
                 (1)名 称  辛島内科・消化器内科 
               (2)所在地  大分市賀来新川二丁目1番15号
(従業者の職種、員数及び職務の内容)
    第5条 事業所における従業者の職種、員数及び職務の内容は次のとおりとする。
                 ・医師  1名以上 (うち1名管理者と兼務)
        ・理学療法士、作業療法士若しくは言語聴覚士、又は看護職員若しくは介護職員 3名以上
         また、専従する従事者のうち理学療法士、作業療法士若しくは言語聴覚士又は経験を有する
         看護師1名以上理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士は、医師の指示及び通所リハビリ
                   テーション計画(介護予防通所リハビリテーション計画)に基づき、利用者の心身の維持回復
                   を図るために必要なリハビリテーション、指導を行う。
                   看護職員は、健康状態の確認及び介護を行う。
                   介護職員は、利用者の心身の状況に応じ、必要な介護を行う。
(営業日及び営業時間)
   第6条   事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。
           (1)営業日 月曜日から土曜日までとする。但し、年末年始(12月30日から1月3日)及びお盆
                 (8月13日から8月15日)を除く。年度によっては一部営業日変更もありうる。 その場合
              は、1か月以上前に、利用者及び関係者に周知する。
          (2) 営業時間 午前8時半から午後5時半までとする。 
           (3) サービス提供時間 午前9時から午後3時半 6時間半
(指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の利用定員)
   第7条  事業所の利用定員は、下記のとおりとする。
                   利用者の定員は、1単位25人とする。
(指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の内容)
    第8条 指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の内容は、次のとおりとする。
             (1)機能訓練
             (2)入浴(一般浴)
             (3)食事の提供
             (4)健康チェック
             (5)送迎      など
      2  事業所は、事業所の医師の診療に基づき、医師の診察内容及び運動機能検査、作業能力検査等
              を基に、共同して、利用者の心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえて、リハビリテ
              ーションの目標、当該目標を達成するための具体的なサービスの内容等を記載した通所リハビリ
              テーション計画書(介護予防通所リハビリテーション計画書)を作成するとともに、通所リハビリテー
              ション計画(介護予防通所リハビリテーション計画)の療養上必要な事項について利用者又はその
              家族に対し、指導又は説明を行うとともに、適切なリハビリテーションを提供する。
(指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の利用料等)
   第9条 指定通所リハビリテーションを提供した場合の利用料の額は、介護報酬告示上の額とし、そのサー
              ビスが法定代理受領サービスであるときは、利用料のうち各利用者の負担割合に応じた額の支払
              いを受けるものとする。
              なお、法定代理受領以外の利用料については、「指定居宅サービスに要する費用の額の算定
              に関する基準」(平成12年2月10日厚生労働省告示第19号)によるものとする。
        2  指定介護予防通所リハビリテーションを提供した場合の利用料の額は、介護報酬の告示上の額
             (月単位)とし、そのサービスが法定代理受領サービスであるときは、利用料のうち各利用者の
              負担割合に応じた額の支払いを受けるものとする。
              なお、法定代理受領以外の利用料については、「指定介護予防サービスに要する費用の額の算定
              に関する基準」(平成18年3月14日厚生労働省告示第127号)によるものとする。
         3  次条に定める通常の事業の実施地域を越えて行う指定通所リハビリテーション
              〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の送迎を行った場合は、1日につき550円とする。
          4 食事の提供に要する費用については、660円を徴収する。
          5 おむつ代については、実費を徴収する。
          6 その他、指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕において提供される
               便宜のうち、日常生活においても通常必要となるものに係る費用で、利用者が負担することが
               適当と認められるものについては実費を徴収する。
           7 前6項の利用料等の支払いを受けたときは、利用料とその他の費用(個別の費用ごとに区分)に
                ついて記載した領収書を交付する。
           8 指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の提供の開始に際し、
                あらかじめ、利用者又はその家族に対し、当該サービスの内容及び費用に関し事前に文書で
                説明した上で、支払いに同意する旨の文書に署名(記名押印)を受けるものとする。
            9 費用を変更する場合には、あらかじめ、前項と同様に利用者又はその家族に対し事前に文書で
                 説明した上で、支払いに同意する旨の文書に署名を受けることとする。
          10 法定代理受領サービスに該当しない指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテ
                 ーション〕に係る利用料の支払いを受けた場合は、提供した指定通所リハビリテーション〔指定
                 介護予防通所リハビリテーション〕の内容、費用の額その他必要と認められる事項を記載した
                 サービス提供証明書を利用者に対して交付する。
  (通常の事業の実施地域)
    第10条 通常の事業の実施地域は、大分市及び由布市とする。
  (衛生管理等)
     第11条 事業所は、利用者の使用する施設、食器その他の設備又は飲用に供する水について、
                  衛生的な管理に努め、又は衛生上必要な措置を講ずるとともに、医薬品及び医療用具の管理
                  を適正に行うものとする。
              2 事業所において感染症が発生し又はまん延しないように次の各号に掲げる措置を講じるものと
                   する。
             (1)事業所における感染症の予防及びまん延の防止のための対策を検討する委員会(テレビ電話
                   装置等を活用して行うことができるものとする。)をおおむね6月に1回以上開催するとともに、
                   その結果について、従業者に周知徹底を図る。
      (2) 事業所における感染症の予防及びまん延の防止のための指針を整備する。
            (3) 事業所において、従業者に対し、感染症の予防及びまん延の防止のための研修及び訓練を
                   定期的に実施する。
(サービス利用に当たっての留意事項)
      第12条 利用者は指定通所リハビリテーション〔介護予防通所リハビリテーション〕の提供を受ける際
                   には、医師の診断や日常生活上の留意事項、利用当日の健康状態等を指定通所リハビリテー
                    ション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕従業者に連絡し、心身の状況に応じたサービス
                    の提供を受けるよう留意する。
(緊急時等における対応方法)
      第13条 事業所は、指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の提供を行っ
                   て いるときに利用者に病状の急変、その他緊急事態が生じたときは、速やかに主治医に連絡
                   する等の必要な措置を講ずることとする。
              2  事業所は、利用者に対する指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーショ
                    ン〕の提供により事故が発生した場合は、市町村、当該利用者の家族、当該利用者に係る居宅
                    介護支援事業者等に連絡するとともに、必要な措置を講ずるものとする。
               3  事業所は、前項の事故の状況及び事故に際して採った処置について記録をするものとする。
               4  事業所は、利用者に対する指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテー
                     ション〕の提供により賠償すべき事故が発生した場合には、損害賠償を速やかに行うもの
                     とする。
(非常災害対策)
        第14条 事業所は、非常災害に備えて、消防計画、風水害、地震等の災害に対処する計画を作成し、
                     防火管理者または火気・消防等についての責任者を定め、年1回定期的に避難、救出その他
                     必要な訓練を行うものとする。
               2  事業所は、前項に規定する訓練の実施に当たって、地域住民の参加が得られるよう連携に
                     努めるものとする。
(苦情処理)
       第15条 事業所は、指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の提供に係る
                    利用者及び家族からの苦情に迅速かつ適切に対応するために、必要な措置を講ずるものと
                    する。
               2  事業所は、提供した指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕に
                     関し、介護保険法第23条の規定により市町村が行う文書その他の物件の提出若しくは提示
                     の求め又は当該市町村の職員からの質問若しくは照会に応じ、及び市町村が行う調査に
                     協力すると ともに、市町村から指導又は助言を受けた場合は、当該指導又は助言に従って
          必要な改善を行うものとする。
               3  事業所は、提供した指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕に
                     係る利用者からの苦情に関して国民健康保険団体連合会の調査に協力するとともに、国民
                     健康保険団体連合会から指導又は助言を受けた場合は、当該指導又は助言に従って必要
                     な改善を行うものとする。
(個人情報の保護)
        第16条 事業所は、利用者又は家族の個人情報について「個人情報の保護に関する法律」及び厚生
                     労働省が策定した「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイ
          ダンス」を遵守し適切な取り扱いに努めるものとする。
               2  事業者が得た利用者又は家族の個人情報については、事業者での介護サービスの提供以
                     外の目的では原則的に利用しないものとし、外部への情報提供については利用者又は家族
                     の同意を、あらかじめ書面により得るものとする。
(虐待防止に関する事項)
        第17条  事業所は、利用者の人権の擁護、虐待の発生又はその再発を防止するため次の措置を
                      講ずるものとする。
               (1) 虐待防止のための対策を検討する委員会(テレビ電話装置等を活用して行うことができる
                      ものとする。)を定期的に開催するとともに、その結果について従業者に周知徹底を図る
               (2) 虐待防止のための指針の整備
               (3) 虐待を防止するための定期的な研修の実施
               (4) 前3号に掲げる措置を適切に実施するための担当者の設置
               2   事業所は、サービス提供中に、当該事業所従業者又は養護者(利用者の家族等高齢者を
                      現に養護する者)による虐待を受けたと思われる利用者を発見した場合は、速やかに、
                      これを市町村に通報するものとする。
(業務継続計画の策定等)
         第18条 事業所は、感染症や非常災害の発生時において、利用者に対する指定通所リハビリテー
                      ション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の提供を継続的に実施するための、及び非常
                      時の体制で早期の業務再開を図るための計画(以下「業務継続計画」という。)を策定し、
                      当該業務継続計画に従い必要な措置を講じるものとする。
                2  事業所は、従業者に対し、業務継続計画について周知するとともに、必要な研修及び訓練
                       を定期的に実施するものとする。
                3  事業所は、定期的に業務継続計画の見直しを行い、必要に応じて業務継続計画の変更を
                      行うものとする。
(その他運営に関する留意事項)
         第19条 事業所は、全ての通所リハビリテーション従業者(看護師、准看護師、介護福祉士、介護
                      支援 専門員、介護保険法第8条第2項に規定する政令で定める者等の資格を有する者
                      その他これに類する者を除く。)に対し、認知症介護に係る基礎的な研修を受講させるため
                      に必要な措置を講じるものとする。また、従業者の資質向上のために研修の機会を次の
                       とおり設けるものとし、また、業務の執行体制についても検証、整備する。
                     (1)採用時研修 採用後1ヵ月以内
                     (2)継続研修  年1回以上
                           研修の内容は、次の各号に掲げる事項に関するものとする。
                           認知症ケアに関する研修         年1回
                           プライバシーに関する研修        年1回
                           法令遵守に関する研修          年1回
                           事故発生・再発防止に関する研修     年1回
                           緊急時対応に関する研修         年1回 (※訓練年1回)
                           感染症・食中毒に関する研修       年1回 (※訓練年1回) 
                           身体拘束に関する研修          年1回
                           介護予防に関する研修          年1回
                           高齢者虐待・権利擁護に関する研修    年1回
                           苦情・ハラスメントに関する研修     年1回
                           業務継続計画に関する研修     年1回(事業所内及び外部研修各1回)(※訓練年1回)
               2 従業者は業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持する。
               3 事業所は、従業者であった者に、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持させる
                    ため、従業者でなくなった後においてもこれらの秘密を保持するべき旨を、従業者との雇用
                    契約の内容とする。
               4 事業所は、適切な指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕の提供
                    を確保する観点から、性的な言動又は優越的な関係を背景とした言動であって業務上必要
                    かつ相当な範囲を超えたものにより従業者の就業環境が害されることを防止するための方針
                    の明確化等の必要な措置を講じるものとする。
               5 事業所は、指定通所リハビリテーション〔指定介護予防通所リハビリテーション〕に関する記録
                    を整備し、そのサービスを提供した日から最低5年間は保存するものとする。
                6 この規程に定める事項のほか、運営に関する重要事項は医療法人 事業者と事業所の管理
                    者との協議に基づいて定めるものとする。
            (附則)この規定は、令和6年4月1日より施行する。(最終改定日)
 
 

居宅介護支援センターからしま運営規定


(事業の目的)
        第1条 医療法人信愛会(以下、「事業者」という。)が設置する居宅介護支援センターからしま
                   (以下「事業所」という。)において実施する指定居宅介護支援事業(以下「事業」という。)の
                    適正な運営を確保するために必要な人員及び管理運営に関する事項を定め、指定居宅介護
                    支援の円滑な運営管理を図るとともに、要介護状態の利用者の意思及び人格を尊重し、利
                    用者の立場に立った適切な指定居宅介護支援の提供を確保することを目的とする。
(事業の運営の方針)
        第2条 指定居宅介護支援においては、要介護状態の利用者が可能な限りその居宅において、その
                   有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように配慮したものとする。
               2 事業所は、利用者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、利用者の選択に基づき
                   適切な保健医療サービス及び福祉サービスが、多様な事業者から総合的かつ効率的に提供
                   されるよう配慮して行う。
               3 事業所は、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、利用者に提供さ
                    れる居宅サービス等が特定の種類または特定の居宅サービス事業者に不当に偏すること
                    のないよう、公正中立に行う。
               4 事業所は、利用者の所在する市町村、在宅介護支援センター、地域包括支援センター、他の
                    居宅介護支援事業者、介護保険施設等との連携に努める。
               5 事業所は、利用者の人権の擁護、虐待の防止等のため、必要な体制の整備を行うとともに、
                    従業者に対し、研修を実施する等の措置を講じる。
               6 事業所は、指定居宅介護支援を提供するに当たっては、介護保険法第118条の2第1項に
                    規定する介護保険等関連情報その他必要な情報を活用し、適切かつ有効に行うよう努める。
               7 前6項のほか、「大分市指定居宅介護支援事業者の指定並びに指定居宅介護支援等の事業
                    の人員及び運営に関する基準を定める条例」に定める内容を遵守し、事業を実施するものと
                    する。
   (事業の運営)
         第3条 指定居宅介護支援の提供にあたっては、事業所の従業者によってのみ行うものとし、第三者
                    への委託は行わないものとする。
   (事業所の名称及び所在地)
          第4条 事業を行う事業所の名称及び所在地は、次のとおりとする。
                 (1)名 称 居宅介護支援センターからしま
                 (2)所在地 大分市賀来新川二丁目1番15号
    (従業者の職種、員数及び職務の内容)
          第5条 事業所における従業者の職種、員数及び職務の内容は次のとおりとする。
                (1)管理者 1名(主任介護支援専門員)介護支援専門員と兼務
                      事業所における介護支援専門員、その他の従業者の管理、指定居宅介護支援の利用の
                      申込みに係る調整、業務の実施状況の把握その他業務管理を一元的に行うとともに、
                      法令等において規定されている指定居宅介護支援事業の実施に関し、遵守すべき事項に
                      ついての指揮命令を行う。
                 (2)介護支援専門員 1名以上(うち1名管理者と兼務)
                      要介護者等からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況や置かれている環境
                      等に応じて、本人やその家族の意向等を基に、居宅サービス又は施設サービスを適切に
                      利用できるよう、サービスの種類内容等の計画を作成するとともに、サービスの提供が確
                      保されるよう指定居宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡調整その他の便宜の
                      提供を行う。
  (営業日及び営業時間)
         第6条  事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。
               (1)営業日 月曜日から土曜日までとする。但し、国民の祝日(振替休日を含む)、及び年末年始
               (2) 営業時間 午前9時から午後5時までとする。
               (3) シフト勤務のため上記営業日でも休日となる事がある。
  (指定居宅介護支援の提供方法及び内容)
         第7条  指定居宅介護支援の提供方法及び内容は次のとおりとする。
       (1) 利用者からの居宅サービス計画作成依頼等に対する相談対応
                当事業所内相談室及び利用者の居宅、その他必要と認められる場所において行うものとする。
               (2) 課題分析の実施
                ① 課題分析の実施にあたっては、利用者の居宅を訪問し、利用者及びその家族に面接して行う
                     ものとする。
                ② 課題分析の実施にあたっては、利用者の生活全般についての状態を十分把握し、利用者が
                     自立した生活を営むことができるよう支援するうえで、解決すべき課題を把握するものとする。
               (3) 居宅サービス計画原案の作成
                    利用者及びその家族の希望並びに利用者について把握された解決すべき課題に基づき、
         提供されるサービスの目標及びその達成時期、サービスを利用するうえでの留意点等を盛り
         込んだ居宅サービス計画の原案を作成する。
                    また、居宅サービス計画の作成にあたっては、あらかじめ、利用者又はその家族に対し、利用
                    者は複数の指定居宅サービス事業者等を紹介するよう求めることができること等につき説明
         を行い、理解を得るものとする。
                    加えて、指定居宅介護支援の提供の開始に際しては、あらかじめ、利用者又はその家族に
                    対し、前6月間に事業所において作成された居宅サービス計画の総数のうちに、訪問介護、
                    通所介護、福祉用具貸与及び地域密着型通所介護(以下、この号において「訪問介護等」と
                     いう。)がそれぞれ位置付けられた居宅サービス計画の数が占める割合及び前6月間に事業
                    所において作成された居宅サービス計画に位置付けられた訪問介護等ごとの回数のうちに
                    同一の指定居宅サービス事業者又は指定地域密着型サービス事業者によって提供された
                    ものが占める割合につき説明を行い、理解を得るよう努めるものとする。
             (4) サービス担当者会議等の実施
                    居宅サービス計画原案に位置づけた指定居宅サービス等の担当者を招集した、サービス
                    担当者会議の開催、担当者に対する照会等により、居宅サービス計画原案の内容について、
                    担当者から専門的見地からの意見を求めるものとする。
             (5) 居宅サービス計画の確定
                    介護支援専門員は、居宅サービス計画に位置付けた指定居宅サービス等について、保険
                    給付の対象となるか否かを区分したうえで、その種類、内容、利用料等について利用者又は
                    その家族に対して説明し、文書により利用者の同意を得るものとする。
             (6) 居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携
                    介護支援専門員は、居宅サービスに位置付けた指定居宅サービス事業者等に対して、個別
                    サービス計画の提出を求めるものとする。
             (7) サービス実施状況の継続的な把握及び評価
                    居宅サービス計画の作成後においても、利用者及びその家族、指定居宅サービス事業者等
                    との連絡を継続的に行うことにより、居宅サービス計画の実施状況や利用者についての解決
                    すべき課題についての把握を行い、必要に応じて居宅サービス計画の変更、指定居宅サービ
                    ス事業者等との連絡調整その他の便宜の提供を行うものとする。
             (8) 地域ケア会議における関係者間の情報共有
                   地域ケア会議において、個別のケアマネジメント事例の提供の求めがあった場合には、これに
                   協力するよう努めることとする。
  (指定居宅介護支援の利用料等)
        第8条 居宅介護支援における法定代理受領以外の利用料は、厚生労働大臣が定める基準(告示
                   上の報酬額)によるものとする。
               2 法定代理受領以外の利用料の支払いを受けたときは、当該利用料の額等を記載した指定
                    居宅介護支援提供証明書を利用者に対して交付するものとする。
               3 次条に定める通常の事業の実施地域を越えて行う事業に要する交通費は、その実費を徴収
                    する。
                    なお、自動車を使用した場合の交通費は、次の額とする。
                    (1)事業所から片道3キロメートル未満  330円
                    (2)事業所から片道3キロメートル以上  550円
              4 前3項の利用料等の支払いを受けたときは、利用者又はその家族に対し、利用料とその他の
                  利用料(個別の費用ごとに区分したもの)について記載した領収書を交付する。
              5 指定居宅介護支援の提供の開始に際しては、あらかじめ、利用者又はその家族に対し、当該
                  サービスの内容及び費用に関し事前に文書で説明した上で、その内容及び支払いに同意する
                  旨の文書に署名を受けるものとする。
   (通常の事業の実施地域)
       第9条  通常の事業の実施地域は、大分市及び由布市とする。
   (事故発生時の対応)
      第10条 事業所は、利用者に対する指定居宅介護支援の提供により事故が発生した場合には速やか
                   に市町村、利用者の家族等に連絡を行うとともに、必要な措置を講ずるものとする。
               2 事業所は、前項の事故の状況及び事故に際して採った処置について記録を行うものとする。
               3 事業所は、利用者に対する指定居宅介護支援の提供により賠償すべき事故が発生した
                   場合は、損害賠償を速やかに行うものとする。
  (苦情処理)
   第11条 事業所は、指定居宅介護支援の提供に係る利用者及び家族からの苦情に迅速かつ適切に
         対応するために必要な措置を講ずるものとする。
       2 事業所は、提供した指定居宅介護支援に関し、介護保険法第23条の規定により市町村が
         行う文書その他の物件の提出若しくは提示の求め又は当該市町村の従業者からの質問若し
         くは照会に応じ、及び市町村が行う調査に協力するとともに、市町村から指導又は助言を受け
         た場合は、当該指導又は助言に従って必要な改善を行うものとする。
       3 事業所は、提供した指定居宅介護支援に係る利用者からの苦情に関して国民健康保険団体
         連合会が行う調査に協力するとともに、国民健康保険団体連合会から指導又は助言を受けた
         場合は、当該指導又は助言に従って必要な改善を行うものとする。
 (個人情報の保護)
   第12条 事業所は、利用者又は家族の個人情報について「個人情報の保護に関する法律」及び厚生
         労働省が策定した「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイ
         ダンス」を遵守し適切な取り扱いに努めるものとする。
       2 事業者が得た利用者又は家族の個人情報については、事業所での介護サービスの提供以外
         の目的では原則的に利用しないものとし、外部への情報提供については利用者又は家族の
         同意を、あらかじめ書面により得るものとする。
 (虐待防止に関する事項)
   第13条 事業所は、利用者の人権の擁護、虐待の発生又はその再発を防止するため次の措置を講ず
         るものとする。
      (1)虐待防止のための対策を検討する委員会(テレビ電話装置等を活用して行うことができるもの
         とする。)を定期的に開催するとともに、その結果について従業者に周知徹底を図る
      (2)虐待防止のための指針の整備
      (3)虐待を防止するための定期的な研修の実施
      (4)前3号に掲げる措置を適切に実施するための担当者の設置
      2 事業所は、サービス提供中に、当該事業所従業者又は養護者(利用者の家族等高齢者を現
        に養護する者)による虐待を受けたと思われる利用者を発見した場合は、速やかに、これを
        市町村に通報するものとする。
 (業務継続計画の策定等)
   第14条 事業所は、感染症や非常災害の発生時において、利用者に対する指定居宅介護支援の提供
         を継続的に実施するための、及び非常時の体制で早期の業務再開を図るための計画
         (以下「業務継続計画」という。)を策定し、当該業務継続計画に従い必要な措置を講じるもの
         とする。
       2 事業所は、従業者に対し、業務継続計画について周知するとともに、必要な研修及び訓練を
         定期的に実施するものとする。
       3 事業所は、定期的に業務継続計画の見直しを行い、必要に応じて業務継続計画の変更を行う
         ものとする。
 (衛生管理等)
   第15条 事業所は、事業所において感染症が発生し、又はまん延しないように、次の各号に掲げる
          措置を講じるものとする。
       (1)事業所における感染症の予防及びまん延の防止のための対策を検討する委員会(テレビ
          電話装置等を活用して行うことができるものとする。)をおおむね6月に1回以上開催すると
          ともに、その結果について、介護支援専門員に周知徹底を図る。
       (2)事業所における感染症の予防及びまん延防止のための指針を整備する。
       (3)事業所において、介護支援専門員に対し、感染症の予防及びまん延の防止のための研修
          及び訓練を定期的に実施する。
 (身体拘束)
   第16条 事業所は、当該利用者又は他の利用者等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない
         場合を除き、身体的拘束その他利用者の行動を制限する行為(以下「身体的拘束等」と
         いう。)は行わない。やむを得ず身体拘束等を行う場合には、その態様及び時間、その際の
         利用者の心身の状況並びに緊急やむを得ない理由を記録するものとする。
 (その他運営に関する重要事項)
   第17条  事業所は、居宅介護支援の質の評価を行い、常にその改善を図ることとし、業務の執務体制
         についても検証、整備する。
       2  事業所は、従業者の質的向上を図るために研修の機会を次のとおり設けるものとする。
         (1)採用時研修  採用後1か月以内
         (2)継続研修    年1回
           研修の内容は、次の各号に掲げる事項に関するものとする。
           権利擁護に関する研修    年1回 
           虐待防止に関する研修     年1回
           認知症介護に関する研修    年1回
              介護予防等に関する研修    年1回
                     感染症に関する研修      年1回   (※訓練年1回)
           業務継続計画に関する研修   年1回    (※訓練年1回)
       3  従業者は業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持する。
       4  事業所は、従業者であった者に、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持させる
         ため、従業者でなくなった後においてもこれらの秘密を保持すべき旨を、従業者との雇用契約
         の内容とする。
       5 事業所は、適切な指定居宅介護支援の提供を確保する観点から、職場において行われる
         性的な言動又は優越的な関係を背景とした言動であって業務上必要かつ相当な範囲を超えた
         ものにより従業者の就業環境が害されることを防止するための方針の明確化等の必要な措置
         を講じるものとする。
       6 事業所は、指定居宅介護支援に関する諸記録を整備し、そのサービスを提供した日から
         最低5年間は保存するものとする。
       7  この規程に定める事項の外、運営に関する重要事項は事業者と事業所の管理者との協議に
         基づいて定めるものとする。
        (附則)この規定は、令和6年4月1日より施行する。(最終改定日)
 
 


 

居宅療養管理指導運営規定

(事業の目的)
    第1条 医療法人 信愛会(以下「事業者」という。)が設置する辛島内科・消化器内科(以下「事業所」
         という。)において実施する指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕事業
         (以下「事業」という。)の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事
         項を定め、指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の円滑な運営管理を
         図るとともに、要介護状態(介護予防にあっては要支援状態)の利用者の意思及び人格を
         尊重し、利用者の立場に立った適切な指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理
         指導〕の提供を確保することを目的とする。
(運営の方針)
    第2条 指定居宅療養管理指導においては、要介護状態の利用者が可能な限りその居宅において、
         自立した日常生活を営むことができるように配慮し、居宅療養管理指導従事者等が通院の
         困難な利用者の居宅を訪問し、心身の状況、置かれている環境等を把握し、それらを踏まえ
         て療養上の管理及び指導を行うことにより、療養生活の質の向上を図るものとする。
         指定介護予防居宅療養管理指導においては、要支援状態の利用者が可能な限りその居宅
         において、自立した日常生活を営めるように配慮し、介護予防居宅療養管理指導従事者等が
         通院の困難な利用者の居宅を訪問し、心身の状況、置かれている環境等を把握し、それらを
         踏まえて療養上の管理及び指導を行うことにより、利用者の心身機能の維持回復を図り、
         もって利用者の生活機能の維持又は向上を図るものとする。
       2 事業所は、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ったサービスの提供
         に努めるものとする。
       3 事業所は、利用者の要介護状態の軽減若しくは悪化の防止又は要介護状態となることの
         予防に資するよう、その療養上の目標を設定し、計画的に行うものとする。
       4 事業所は、利用者の所在する市町村、居宅介護支援事業者、在宅介護支援センター、地域
         包括支援センター、保健医療サービス及び福祉サービスを提供する者との連携に努めるも
         のとする。
       5 事業所は、利用者の人権の擁護、虐待の防止等のため、必要な体制の整備を行うとともに、
         従業者に対し、研修を実施する等の措置を講じるものとする。
       6 指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の提供にあたっては、
         介護保険法第118条の2第1項に規定する介護保険等関連情報その他必要な情報を活用し、
         適切かつ有効に行うよう努めるものとする。
       7 指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の提供の終了に際しては、
         利用者又はその家族に対して適切な指導を行うとともに、主治医及び居宅介護支援事業者
         へ情報の提供を行うものとする。
       8 前7項のほか、「大分市指定居宅サービス事業者の指定並びに指定居宅サービス等の事業
         の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例」、「大分市指定介護予防サービス事業者
         の指定並びに指定介護予防サービス等の事業の人員、設備及び運営並びに指定介護予防
         サービス等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例」に
         定める内容を遵守し、事業を実施するものとする。
(事業の運営)
   第3条 指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の提供にあたっては、事業所の
        従業者によってのみ行うものとし、第三者への委託は行わないものとする。
(事業所の名称等)
   第4条 事業を行う事業所の名称及び所在地は、次のとおりとする。
        (1) 名 称  辛島内科・消化器内科
        (2) 所在地  大分市賀来新川二丁目1番15号
 
(従業者の職種、員数及び職務の内容)
   第5条 事業所における従業者の職種、員数及び職務の内容は次のとおりとする
        (1)管理者    1名(常勤職員)
           管理者は、従業者及び業務の管理を一元的に行うとともに、法令等において規定されて
           いる指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の実施に関し、事業所
           の従業者に対し遵守すべき事項についての指揮命令を行う。
        (2)医師     1名以上 (うち1名は管理者とする)
           管理栄養士  1名   (非常勤 1名)
            医師及び管理栄養士は、居宅介護支援事業者等に対する居宅サービス計画〔介護予防
            サービス計画〕の作成等に必要な情報提供並びに利用者に対する療養上の指導・支援
            や利用者・家族に対する療養上必要な事項の指導・助言を行う。
(営業日及び営業時間)
  第6条 事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。
        (1)営業日  月曜日から土曜日までとする。但し、土曜日午後、国民の祝日(振替休日を含む)
                及び年末    
        (2)営業時間  月曜日から金曜日 午前9時から午後5時までとする。
                         土曜日         午前9時から正午までとする。
(指定居宅療養管理指導の内容)
    第7条 事業所で行う指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の種類は、次の
         とおりとする。
        (1)医師・管理栄養士による居宅療養管理指導・介護予防居宅療養管理指導
(指定居宅療養管理指導〔介護予防居宅療養管理指導〕の利用料等)
    第8条 指定居宅療養管理指導を提供した場合の利用料の額は、介護報酬告示上の額とし、その
         サービスが法定代理受領サービスであるときは、利用料のうち各利用者の負担割合に応じた
         額の支払いを受けるものとする。なお、法定代理受領以外の利用料については、「指定居宅
         サービスに要する費用の額の算定に関する基準」(平成12年2月10日厚生省告示第19号)
         によるものとする。
       2 指定介護予防居宅療養管理指導を提供した場合の利用料の額は、介護報酬の告示上の額
         とし、そのサービスが法定代理受領サービスであるときは、利用料のうち各利用者の負担割
         合に応じた額の支払いを受けるものとする。なお、法定代理受領以外の利用料については、
         「指定介護予防サービスに要する費用の額の算定に関する基準」(平成18年3月14日厚生
         省告示第127号)によるものとする。
       3 指定居宅療養管理指導〔介護予防居宅療養管理指導〕に要した交通費は、その実費を徴収
         する。なお、自動車を使用した場合の交通費は、次の額とする。
         (1)事業所から片道3キロメートル未満 330円
         (2)事業所から片道3キロメートル以上 550円
       4 前3項の利用料等の支払を受けたときは、利用者又はその家族に対し、利用料とその他の
         利用料(個別の費用ごとに区分)について記載した領収書を交付する。
       5 指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の提供に開始に際しては、あら
         かじめ、利用者又はその家族に対し、当該サービスの内容及び費用に関し事前に文書で説
         明した上で、その内容及び支払いに同意する旨の文書に署名(記名押印)を受けるものとする。
       6 法定代理受領サービスに該当しない指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理
         指導〕に係る利用料の支払いを受けた場合は、提供した指定居宅療養管理指導〔指定介護
         予防居宅療養管理指導〕の内容、費用の額その他必要と認められる。
         事項を記載したサービス提供証明書を利用者に対して交付する。
(衛生管理等)
    第9条 事業所は、従業者の清潔の保持及び健康状態の管理を行うとともに、事業所の設備及び備品
         等の衛生的な管理に努めるものとする。
      (2) 事業所は、事業所において感染症が発生し、又はまん延しないように、次の各号に掲げる
         措置を講じるものとする。 
         事業所における感染症の予防及びまん延の防止のための対策を検討する委員会(テレビ
         電話装置等を活用して行うことができるものとする。)をおおむね6月に1回以上開催すると
         ともに、その結果について、従業者に周知徹底を図る。 (2) 事業所における感染症の予防
         及びまん延防止のための指針を整備する。
      (3) 事業所において、従業者に対し、感染症の予防及びまん延の防止のための研修及び訓練を
         定期的に実施する。
(緊急時等における対応方法)
   第10条 従業者は、指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の提供を行っている
         ときに利用者に病状の急変、その他緊急事態が生じたときは、速やかに主治医に連絡を行い
         指示を求める等の必要な措置を講ずるとともに管理者に報告する。主治医への連絡が困難
         な場合は、緊急搬送等の必要な措置を講ずるものとする。
       2  事業所は、利用者に対する指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の
         提供により事故が発生した場合は、市町村、当該利用者の家族、当該利用者に係る居宅
         介護支援事業者等に連絡するとともに、必要な措置を講ずるものとする。
       3  事業所は、前項の事故の状況及び事故に際して採った処置について記録をするものとする。
       4  事業所は、利用者に対する指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の
         提供により賠償すべき事故が発生した場合には、損害賠償を速やかに行うものとする。
(苦情処理)
   第11条 事業所は、指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の提供に係る利用者
         及び家族からの苦情に迅速かつ適切に対応するために、必要な措置を講ずるものとする。
       2 事業所は、提供した指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕に関し、介護
         保険法第23条の規定により市町村が行う文書その他の物件の提出若しくは提示の求め又は
         当該市町村の職員からの質問若しくは照会に応じ、及び市町村が行う調査に協力すると
         ともに、市町村から指導又は助言を受けた場合は、当該指導又は助言に従って必要な改善を
         行うものとする。
       3 事業所は、提供した指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕に係る利用
         者からの苦情に関して国民健康保険団体連合会の調査に協力するとともに、国民健康保険
         団体連合会から指導又は助言を受けた場合は、当該指導又は助言に従って必要な改善を
        行うものとする。
(個人情報の保護)
  第12条 事業所は、利用者又は家族の個人情報について「個人情報の保護に関する法律」及び厚生
        労働省が策定した「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイ
        ダンス」を遵守し適切な取り扱いに努めるものとする。
      2 事業者が得た利用者又は家族の個人情報については、事業所での介護サービスの提供以外
        の目的では原則的に利用しないものとし、外部への情報提供については利用者又は家族の
        同意を、あらかじめ書面により得るものとする。
(虐待防止に関する事項)
  第13条 事業所は、利用者の人権の擁護、虐待の発生又はその再発を防止するため次の措置を講ずる
        ものとする。
     (1)虐待防止のための対策を検討する委員会(テレビ電話装置等を活用して行うことができるものと
        する。)を定期的に開催するとともに、その結果について従業者に周知徹底を図る
     (2)虐待防止のための指針の整備
     (3)虐待を防止するための定期的な研修の実施
     (4)前3号に掲げる措置を適切に実施するための担当者の設置
      2 事業所は、サービス提供中に、当該事業所従事者又は養護者(利用者の家族等高齢者を現に
        護する者)による虐待を受けたと思われる利用者を発見した場合は、速やかに、これを市町村
        に通報するものとする。
(業務継続計画の策定等)
  第14条 事業所は、感染症や非常災害の発生時において、利用者に対する指定居宅療養管理指導
       〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の提供を継続的に実施するための、及び非常時の体制で
        早期の業務再開を図るための計画(以下「業務継続計画」という。)を策定し、当該業務継続
        計画に従い必要な措置を講じるものとする。
      2 事業所は、従業者に対し、業務継続計画について周知するとともに、必要な研修及び訓練を
        定期的に実施するものとする。
      3 事業所は、定期的に業務継続計画の見直しを行い、必要に応じて業務継続計画の変更を行う
        ものとする。
(その他運営に関する留意事項)
  第15条 事業所は、従業者の資質向上のために研修の機会を次のとおり設けるものとし、また、業務の
        執行体制についても検証、整備する。
        (1)採用時研修 採用後1ヵ月以内
        (2)継続研修  年1回
          研修の内容は、次の各号に掲げる事項に関するものとする。
          虐待防止に関する研修      年1回
           感染症に関する研修       年1回 (※訓練年1回) 
          業務継続計画に関する研修    年1回 (※訓練年1回) 
       2  従業者は、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持する。
       3  事業所は、従業者であった者に、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持させる
          ため、従業者でなくなった後においてもこれらの秘密を保持するべき旨を、従業者との雇用
          契約の内容とする。
       4  事業所は、適切な指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕の提供を確保
          する観点から、職場において行われる性的な言動又は優越的な関係を背景とした言動で
          あって業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより居宅療養管理指導従業者の就業
          環境が害されることを防止するための方針の明確化等の必要な措置を講じるものとする。
       5  事業所は、指定居宅療養管理指導〔指定介護予防居宅療養管理指導〕に関する記録を
           整備し、そのサービスを提供した日から最低5年間は保存するものとする。
       6  この規程に定める事項の外、運営に関する重要事項は事業者と事業所の管理者との協議に
          基づいて定めるものとする。
      (附 則)この規定は、令和6年4月1日より施行する。(最終改定日)